中古ドメインは過去に使用されたドメインを再び使用することです。サイトの評価を引き継ぐので、サイトの良し悪しで順位が上がりやすくなったり上がりにくいこともあります。中古ドメインを買うときはよく調べる必要があります。

中古ドメイン販売業者から買う!

中古ドメインのアナライザーが注視する区分

中古ドメインは探すのが大変ですが、アナライザーが用意されることが多くなっており、希望するドメインを探すことができると期待されています。中古ドメインのアナライザーが見る箇所は主に3つあると言われています。1つはドメイン履歴です。ドメインは利用され方によって履歴が変わってきますが主にウェブサイトの履歴をチェックします。ウェブサイトの履歴ではキャッシュ付きでウェブサイトが確認できます。手動でキャッシュを見ることもでき、詳細な確認もできます。ドメイン履歴はこえから適用するウェブサイトと同じカテゴリにあるかを確認できますのでとても重要です。2つめはメールのブラックリストです。ブラックリストは勝手にドメインを登録することはなく、さまざまな条件を踏まえて登録されます。ブラックリスト区分に登録されたドメインは多くのメールサーバで受信拒否されたり、スパム扱いされることになり、場合によってはウェブサイトの視聴まで制限する企業もあるほどです。セキュリティソフトでも厳しい扱いがされることが多く、出来る限りこのようなドメインは利用するのを避ける必要があります。3つめは検索サイトでの評価です。インデックスが作られますので数と質をチェックします。インデックスはウェブサイトのコンテンツの評価であり、カテゴリが分かります。中古ドメインを引き継ぐにはカテゴリが同じでさらにインデックスされていたらパスを同じにして接続する必要があります。パスが切れてしまったインデックスは削除されてしまいますし、せっかくの評価がうまく引き継げないことも多くあります。中古ドメインはこれらのポイントをしっかり踏まえて選ぶ必要があり、アナライザーの役目はとても重要です。