中古ドメインは過去に使用されたドメインを再び使用することです。サイトの評価を引き継ぐので、サイトの良し悪しで順位が上がりやすくなったり上がりにくいこともあります。中古ドメインを買うときはよく調べる必要があります。

中古ドメイン販売業者から買う!

中古ドメインのネームサーバーの設定と外すタイミング

中古ドメインは購入したり、移管しただけでは使えません。ネームサーバーと呼ばれるシステムに利用するWebサーバを登録して初めてWebサーバに中古ドメインが適用されることになります。一般的には中古ドメインにWebサーバが対応していないくても中古ドメインが持っている検索サイトでの評価は一定期間残されるとわかっているのですが、それでもすぐにウェブサイトに適用して中古ドメインの効果を使いたいと考える方が多いです。しかし、ウェブサイトに適用する前にいくつかやっておかなくてはならないことがあります。1つめは検索サイトでの評価を活かすことです。検索サイトでの評価はインデックスの形で分かります。インデックスは記事の要約とカテゴリ、キーワードが分かります。また、検索順位も分かるのでインデックスに優先順位を付ける方も少なくありません。とても重要なインデックスですが、パスが通ってない状態では使い物になりません。インデックスされているドメインのパスを新しいコンテンツでも用意し、検索サイトから流入できるようにする必要があります。ウェブサイトを用意し、ドメインを設定してからパスを通す方もいますが、パスが通ったらコンテンツのチェックが始まることを忘れてはいけません。コンテンツが不十分なら中古ドメインを適用させないことも大事です。また、パスが外れている場合にウェブサイトに中古ドメインを適用させるとインデックスを外す結果になりかねません。検索サイトでは最新のインデックスにすべくロボットが定期的に調査しています。パスが切れていたり、コンテンツが悪いとインデックスの削除もよくおこります。中古ドメインを活用するならインデックスを活かすコンテンツをしっかり用意してからドメインを適用することをオススメします。