中古ドメインは過去に使用されたドメインを再び使用することです。サイトの評価を引き継ぐので、サイトの良し悪しで順位が上がりやすくなったり上がりにくいこともあります。中古ドメインを買うときはよく調べる必要があります。

中古ドメイン販売業者から買う!

中古ドメインを新規に契約する方法

中古ドメインを利用するにはドメイン管理会社から買うか、現所有者から譲ってもらう方法があります。現所有者から譲ってもらうなら所有者変更手続きで済みますが、多くの場合、中古ドメインを持っている管理会社から購入する場合が多くなります。中古ドメインは価格が高くなっていたり、オークション形式になっている場合がありますが、どちらの場合も新規に契約する場合は次の手順となります。まず、購入を決めたら、現在のオークションや販売価格を支払います。この支払についてはクレジットカード決裁が多くなっています。その後、所有権の移転作業となります。所有権の移転については手数料が別途かかることもありますが、多くは販売価格に入っていることが多いです。所有権が移転されるとすぐにDNSサーバーに登録できるのですが、場合によってはドメインの移管をしなくてはならないケースがあります。ドメインは所有者を管理するために管理会社に委託することになります。しかし、オークションなどで販売されている場合は管理会社を変えるのが前提である場合が多くあります。その場合は他の管理会社に移行となりますが、多くの管理会社で移管できますので問題有りません。移管作業には所定の手数料がかかります。このように中古ドメインを利用するまでには何段階か作業が必要になるケースが多いので注意したいところです。コストもかかりますが日数もかかることが多いです。また、もっとも注意したいのは年間のドメイン維持費の支払いがどうなっているかです。事例は少ないですが、年間の維持費を滞納している場合や、オークションなどでこれまでの年間維持費を追加で要求されるケースがありますので事前に確認しておきたいポイントです。